家庭教師プロと学生家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師にはプロと学生がありますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。プロの家庭教師は本業としているだけあり、教える能力や学力、生徒により変わるコミュニケーション能力が高い所です。現役だった頃と現在の受験情報を把握してる為、情報が豊富にあり傾向と対策を練りやすいところもメリットです。但し学生と比べて費用が高く、プロと一言で言っても資格で明示している訳ではないので依頼しても生徒に合うのか、指導能力が未知数な面があるところです。年齢が離れている場合もあるので生徒が緊張して萎縮してしまう可能性があります。学生ですと生徒と年齢も近くお兄さんお姉さん感覚なので生徒が親しみやすいのがメリットです。

現役な分、敏感に情報を仕入れてたり、教えてもらっていた時期が近いので為になる情報を持ってるのもメリットです。実際に受験をした感覚が残っている為、当日のリラックス方法や精神的なアドバイスも信憑性が出てきます。費用面でも比較的料金が安くなります。但し、指導経験が浅く、社会人経験もないため、人間として成熟してないのも不安な要素です。現役学生なので都合によりスケジュールが変更になるなど悪影響が出る可能性もあるのがデメリットです。

生徒にとってプロと学生どちらが良いかは一概に言えませんが生徒の性格や家庭教師を雇う目的によって選択しましょう。勉強を楽しむ目的もあるのなら年齢が近い学生。ただ単純に学力向上、受験対策ならばプロを選ぶのが良いでしょう。