家庭教師プロと学生家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師にはプロと学生がありますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。プロの家庭教師は本業としているだけあり、教える能力や学力、生徒により変わるコミュニケーション能力が高い所です。現役だった頃と現在の受験情報を把握してる為、情報が豊富にあり傾向と対策を練りやすいところもメリットです。但し学生と比べて費用が高く、プロと一言で言っても資格で明示している訳ではないので依頼しても生徒に合うのか、指導能力が未知数な面があるところです。年齢が離れている場合もあるので生徒が緊張して萎縮してしまう可能性があります。学生ですと生徒と年齢も近くお兄さんお姉さん感覚なので生徒が親しみやすいのがメリットです。

現役な分、敏感に情報を仕入れてたり、教えてもらっていた時期が近いので為になる情報を持ってるのもメリットです。実際に受験をした感覚が残っている為、当日のリラックス方法や精神的なアドバイスも信憑性が出てきます。費用面でも比較的料金が安くなります。但し、指導経験が浅く、社会人経験もないため、人間として成熟してないのも不安な要素です。現役学生なので都合によりスケジュールが変更になるなど悪影響が出る可能性もあるのがデメリットです。

生徒にとってプロと学生どちらが良いかは一概に言えませんが生徒の性格や家庭教師を雇う目的によって選択しましょう。勉強を楽しむ目的もあるのなら年齢が近い学生。ただ単純に学力向上、受験対策ならばプロを選ぶのが良いでしょう。

家庭教師の能力

家庭教師の仕事を始めることができても仕事内容自体は未経験の人が多いでしょう。家庭教師を副業として稼ぎたくとも仕事の出来が良くなければコンスタントに稼ぐのが次第に難しくなっていきます。お金をもらう以上それに伴う成果を上げなくてはならないでしょう。家庭教師として教えるスキルを身に付ければ次第に楽しみながら稼ぐことができるでしょう。

家庭教師としての第一の仕事は勉強を教えることですが、自らの学力を基準で生徒に教えるのではなくあくまで生徒のペースに合わせて確実に勉強を身に付けさせる事を優先しましょう。生徒の意思や意見を尊重し理解した上でこちらから生徒に合うカリキュラムを組んであげるとより効率よく力を身に付けさせることができるでしょう。社会人としての本業の仕事を持 っている人ならばコミュニケーションスキルの力も試されます。本業での後輩や部下への指示、指導能力の向上も望めることができるのでお金以外のものも得られるでしょう。

教える生徒一人一人性格等違うのでその生徒に合う指導方法を考える必要があります。家庭教師としての仕事は学力だけではなく、コミュニケーション能力やモチベーションを上げてあげること等の力を必要とされるでしょう。

家庭教師の仕事内容

家庭教師バイトをするには基本的には家庭教師登録サイトなどに登録して、生徒を紹介してもらうことから始めます。最初のうちは生徒を紹介してもらい、指導しながら実績を積むことが一番です。実績を積んだ上で評判が良くなり、口コミ等で広がれば個人契約を結ぶまでいける可能性があります。個人契約を結べるようになればより効率の良いバイトとして稼ぐ事が可能ですので、そういった目標を持つのも良いでしょう。

家庭教師としての仕事は勉強を契約した生徒に教えることです。苦手科目克服や受験対策等、生徒によって様々ですが基本的には未経験でもできる仕事です。勉強を教えたことがなく、未経験だから不安という方でも研修制度があるので、未経験者でも活躍している人は多数います。但し家庭教師の仕事をするには基本的な学力が必要です。現役大学生が働いている場合が多いですが、家庭教師は学力、学歴よりも教える力を重視しています。学歴はそこまで重視されてなく専門学校生やフリーターの方も家庭教師登録サイトに登録しているので自分の教える力のレベルに合わせて紹介してもらえるでしょう。

最初は知らない家に出向いて、その家庭のお子さんの成績を預かるという重圧がありますが、伝える力を鍛えることができるので本業に役立つことがあるでしょう。

効率の良いバイト

会社で正社員として働いていても、収入が少なく生活が厳しいと感じている人が増えています。働いている社会人の平均年収は年々下がってきており、停滞しているのが現状です。そうなると生活も苦しいという社会人も多く、中々貯蓄やプライベートの充実等が難しくなるでしょう。そういった場合副業で足りていないと思う分のお金を稼ぐ人が増えています。正社員として働いている人で副業アルバイトしている人は少ないですが、その理由としては本業に支障をきたす可能性があるからで、会社の規則として副業を禁止している所もあります。勿論規則で禁止となっている所もありますが、許可を取る事も可能な所もあるので、一度許可が下りるかお伺いをたてると良いでしょう。

副業のアルバイトといっても、アルバイト自体は数があるうえにあまり時間が長いと本業の方に差し支える場合があるでしょう。なるべく高時給のアルバイトを短時間するのが最も効率的です。しかし、納税の関係で給与所得という扱いになると面倒になってしまうのでなるべくならそういった扱いではない副業を選ぶのが良いでしょう。在宅ワークや株、家庭教師等が自分で納税ができる副業としてオススメです。家庭教師は労働時間も短いので空いた時間を有効活用できるので、本業に支障をきたす可能性が少ないのがメリットです。通常の他のバイトよりも時給が高いので効率が良いのも魅力です。当サイトでは社会人向けバイトでの家庭教師について説明します。